スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

伝統的七夕ライトダウン

今年、2013年のペルセウス流星群は、
日本国内でとてもよく観察できるみたいですね。

特に8月12日(月)の真夜中から13日(火)の明け方前には、
多くの流星群が出現するそうで、
8月13日(火)の午前3時が極大となります(*)。

12日~13日にかけては、寝ないで
ペルセウス流星群を観察する予定の方もいるのではないでしょうか。

このぺルセウス流星群の活動が活発になる8月13日は、
実はちょうど今年の伝統的七夕の日ともなっています。

現在の7月7日の七夕は太陽暦に基づいた七夕ですが、
本来日本では、太陰暦の7月7日が七夕でしたよね。

北海道で8月7日に七夕をお祝いする地域が多いのは、
8月7日の方が元の太陰暦の七夕の日に近いためとも言われています。

伝統的七夕とは、太陰暦での7月7日が
太陽暦では何月何日になるのかを算出した日付のことなんです。

つまり、昔から日本人がお祝いしていた本当の七夕に
相当する日を伝統的七夕と呼んでいるんですね。

2013年は8月13日が伝統的七夕の日に当たるそうです。

そして、この伝統的七夕の日に合わせ、
8月12日と13日の2夜にわたって星空を楽しもうという
「伝統的七夕ライトダウン2013」が行われます。





夏至のキャンドルナイトのように、
日本各地で不要な明かりを消し、星空を眺めるイベントです。

ペルセウス流星群のことを調べていて初めて知ったのですが、
とても素敵なイベントですよね!

昔の日本と同じくらい地上を暗くして、
昔の人が眺めたのと同じ日の七夕の夜空を見上げたら、
七夕の本当の美しさを理解できるかもしれません。

しかも今年はペルセウス流星群がたくさん観察できる時ですから、
よりきれいな流星群が見られるよう、みんなで協力してみませんか?

ペルセウス流星群を楽しみにしていましたが、
伝統的七夕ライトダウンを知って、
ますます楽しみになってきました。

この二日間に現れるたくさんの流れ星を
日本中で一つでも多く見ることができるようにしたいです。

そして、願い事をする全ての人の願いが
一つでも多く叶ったらいいなと思います。

伝統的七夕ライトダウン2013の詳細はこちら↓
8月12日(月)と13日(火)の2夜 星に願う2日間/伝統的七夕ライトダウン2013

*参照 : 国立天文台 ペルセウス流星群

2013/08/11(日) | エコな行動 | トラックバック(0) | コメント(0)

肌に優しいお洗濯

前回、洗濯槽をカビさせないために「洗濯槽快」を使って
洗濯をしていることを書きましたが、
他にも、快適で肌に優しい洗濯ができるように、工夫していることがあります。

それは、洗剤を使わずに洗濯することです。

もともと水だけでも、洗濯物の汚れの8割は落ちると言われていますし(*1)、
学生の頃も「クリーンテック 洗濯石」を使って、
洗剤を使わない洗濯をしていたことがあったので、抵抗はありませんでした。

今回は、「洗濯石」の他に「賢い洗濯ノススメ」なども試しましたが、
「洗濯槽快」と「アカパックン 洗濯用
を入れて洗濯するのが、自分には一番合っているように思います。

「アカパックン」は、洗濯機にポンと入れるだけで、
シャツの襟や袖などの皮脂汚れを吸着してくれる洗濯用品です。

まるくて、とても可愛らしいので、洗濯するたびに、
手に載せて眺めては「かわいい~」と喜んでいます^^






皮脂汚れへの効果は、目に見えて凄いわけではありませんが、
洗剤を入れていない割には、いい感じです。

他には、殺菌効果のあるティートリーラベンダーなどの
エッセンシャルオイルを、10滴ほど入れています。

「洗濯槽快」の消臭効果で、洗濯後の香りはやや薄まるものの、
アロマのいい香りがして、洗濯物を干す時にハッピーな気持ちになれるんです。

市販の洗剤や柔軟剤の人工的な香りは強すぎて、
気分が悪くなってしまうこともあるのですが、
アロマの優しい自然な香りは、私を元気にしてくれます♪

防虫効果のあるエッセンシャルオイルを入れたり、
日替わりで香りを変えたりできるので、洗濯するのが楽しいです。

汚れがひどい時は、「アルカリウォッシュ」や
シャボン玉 酸素系漂白剤」で付け置きしたり、
液体の石鹸洗剤と歯ブラシでこすったりしてから、洗濯しています。

洗剤を使わないので、すすぎはいつも1回だけです。

これだけですけど、ビートウォッシュの洗濯機は洗浄力が高いし、
「洗濯槽快」にも除菌効果があるので、
石鹸洗剤に負けないくらいの洗浄力があると、個人的には感じています。

洗剤を使わなくても、肌と環境にやさしいものだけで、
結構キレイにできるんですよね。

日本で初めて家庭用合成洗剤が発売されたのは1937年でした(*2)。

日本で庶民が石鹸を使えるようになったのも、明治後半です(*3)。

長い歴史の中で、合成洗剤も石鹸も、使われるようになったのはごく最近のこと。

そう考えると、合成洗剤や石鹸を使わずに
洗濯してみるのも、ありなんじゃないかなって思います。

今後も、肌と環境に優しいお洗濯を追求して
自分なりの洗濯を楽しんでいきたいです。

【アカパックン】 洗濯用 画像提供 : 楽天市場

参照*1:自然派(ナチュラル)洗濯ってなに?/くらしのマーケット
参照*2:合成洗剤の歴史/石鹸百科
参照*3:石鹸の歴史/石鹸百科

2013/07/31(水) | 洗濯・洗剤 | トラックバック(0) | コメント(2)

ホタテパワーで洗濯槽快

前回、洗濯しながら洗濯槽を洗ってくれる日立のビートウォッシュ
洗濯機を買い換えたことを書きましたが、快適な洗濯ライフを続けるために、
他にも工夫していることがあります。

その一つが、洗濯しながら洗濯槽もキレイにしてくれる
原料はホタテ貝の殻。洗濯槽快の使用です。




この「洗濯槽快」は、ホタテ貝からつくる焼成カルシウムの持つ除菌力で、
カビを抑制して、洗濯槽に付着しているクロカビを徐々に取り除いてくれます。

生乾きや部屋干しの匂いを脱臭する効果もあって、
排水管・排水口のヌメリ・悪臭まで軽減してくれるんです。

使い方はとても簡単です。

焼成カルシウムが入った小さな袋(手の平サイズ)を
洗濯ネットに一つ入れて、洗濯物と一緒に洗濯機に入れます。

後は洗濯機を回すだけです。

衣類などを洗濯しながら、洗濯槽も綺麗にできちゃいます。

「洗濯槽快」専用の小さなネットも売っているのですが、
専用のネットは、隅の方にゴミが溜まって、いちいち取るのが面倒なので、
私は、普通の洗濯用のネットに入れて使っています。

基本的には洗濯機に入れたままでOKですが、
乾燥機を使う時は、取り出してください。

使用回数は、説明書きによると、通常の渦巻き洗濯機7kタイプで約30回。

私は一日おきに8kの縦型洗濯機を3~4回運転して、
月1~2回、袋の中の焼成カルシウムが減ってきたかなと思ったら交換してる感じです。

このネットに入れるタイプの「洗濯槽快」は縦型洗濯機用で
ドラム式の洗濯機用は、粉末タイプになっています。




「洗濯槽快」は100%天然成分で、安心して使えるのが嬉しいですよね。

本来ホタテの貝殻は、廃棄物として捨てられてしまうものですが、
その量は何万トンにもなるので、
ホタテの貝殻をこのように有効利用できることは、素晴らしいことです。

洗濯槽快を使うことで、
ホタテの貝殻のリサイクルに協力できて、洗濯槽もキレイにできる。

クリーナーを使わなくても済むので、水も汚さないし、
洗濯槽をすすぐ必要がないので、お湯も水も節約できる。

すすぎのための電力も、洗濯槽を乾燥させるための電力も節電できる。

素敵なエコの循環ですね♪

おかげで、洗濯物にカビがつくこともなく、
雨が多い季節でも、洗濯物が匂いにくいので、助かっています。

「洗濯槽快」は、洗剤と一緒に洗濯することもできますが、
より肌に優しく、より洗濯槽をキレイに保ちながら洗濯したいので、
私は洗剤を使っていません。

次回は肌に優しく快適に洗濯するために、
洗剤の代わりに使っているものについて、書きたいと思います。

洗濯槽快 画像提供 : 楽天市場

2013/07/31(水) | 洗濯・洗剤 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。