スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チョコレート農場の秘密

甘くておいしくて、食べる人を幸せにしてくれるチョコレート。
ポリフェノールも含まれていて、疲れた時にもぴったりですよね。

そんな素敵な食べ物、チョコレートがどのように作られているか知っていますか?

チョコレートの原料であるカカオ豆は、
ガーナやコートジボアールなどの大規模カカオ農場で作られています。

実はこうした農場では、何万人もの子供たちが長時間、無賃金で
カカオの栽培・収穫のために働いているんです。

そして、その多くは人身売買によって奴隷として連れてこられた子供たちです。

高い木の上で大きな刃物を使い、人体に有害な殺虫剤に直に触れるという、
大人でも危険な仕事を、子供がしています。

参考: ピープル・ツリー 「チョコにまつわる、苦いお話 」
     国際労働機関(ILO) 児童労働の実態 「カカオ」

チョコレートの値段が安い理由の裏には、こんな児童労働があるんですね。

一方、フェアトレード チョコレートは、
家族経営の小規模カカオ農場で、大人が作ったカカオ豆を原料に作られています。



このカカオ豆は、生産者から公正な賃金で買い取られているため、
生産者は安定した生活を送ることができるんです。

結果として、貧困のために子供を売ったりする必要もなくなります。

それに、フェアトレードのチョコレートは種類も多くて味もいいんですよ。

バレンタインも近づいているので、次回から2回にわたって
フェアトレードチョコレートの記事を書いていきたいと思います。

お取り扱いはこちら↓
フェアトレード チョコレートピープル・ツリー(楽天市場)

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

2010/01/27(水) | フェアトレード | トラックバック(0) | コメント(22)

アルパカ応援フェア

前回、色つきアルパカ絶滅の危機 について書きました。

こうした色つきアルパカ達を守るために、フェアトレード団体 ピープル・ツリーは、
アルパカの自然な毛色を活かした製品作りに取り組んでいます。

アルパカの故郷は寒さが厳しいアンデスの高地なので、
アルパカの衣料品は、保温性が高く、温かいことで有名です。

細くて柔らかい毛は、肌触りがよく、チクチクしません。
しわになりにくく、洗濯しても縮みにくいので、ウールより扱いやすいんですよ。

一押しはこちらの アルパカ・指なし手袋 です。                

指が全部出るようになっているので、財布から小銭を出すなど
細かい作業の時も手袋を脱ぐ必要がなくて便利です。
  
室内でも使いやすいので、暖房費の節約にもなります。
以前、冷え込む職場で働いていた時は、
残業中にこっそりアルパカの指なし手袋をはめてパソコンを打っていました。

冬の屋外では、ウールの手袋の下に、アルパカの指なし手袋を着用しています。

北国の冬は、ウールの手袋1枚では手が冷えることが多いのですが、
アルパカの手袋と重ねると、手が温かいんです。

アルパカの毛は、あまりモコモコしないので、
すっきりと重ね着できて、秋も冬も大活躍しています。

もう一つ、アルパカ・ニット帽 も冬の欠かせないアイテムです。

  
私が持っているのは3~4年前の古いデザインで、色も違うので、
今年のクリスマス・プレゼントとして、友人に贈ろうかと思っています。

この手袋と帽子なら、サイズの心配もしなくていいので、贈り物にぴったりですよね。

動物としてもかわいらしいし、毛の製品は素晴らしいし、
アルパカにはもう夢中です^^

お取扱いはこちら↓
ピープル・ツリー /楽天市場

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

2009/12/02(水) | フェアトレード | トラックバック(0) | コメント(16)

かわいいアルパカの危機

最近テレビCMで人気者になったぺルー原産のかわいらしい動物、アルパカ。
その愛くるしい姿には、本当に癒されます。

ふわふわ、もふもふとした見た目の通り、
アルパカの毛はとても細くてやわらかく、気持ちがいいので、
アルパカの毛の衣料品も多く作られています。

でも、近年は染色しやすい白い毛のアルパカばかり育てられていて、
昔は大半を占めていた黒や茶色、グレーのアルパカが絶滅の危機にあるそうです。

参考: ピープル・ツリー 生産者パートナー ミンカ

CMでは白いアルパカの登場でしたが、
色つきのアルパカもとてもかわいらしいんです。

こちらはYouTubeで見つけたアルパカの動画ですが、
牧場で楽しそうに走っている姿には、思わず笑みがこぼれます。





どのアルパカも同じように命があるのに、商品価値が低いという理由で、
色つきのアルパカが消えてしまうのは悲しいことです。

こうした色つきアルパカ絶滅の危機を救うために、
フェアトレード団体のピープル・ツリーは、
アルパカの自然な毛の色を活かした製品作りに取り組んでいます。

ピープル・ツリーのアルパカ製品は、アルパカの飼育から編みの工程まで
化学飼料や機械は一切使わず、手仕事で作られているんですよ。

私もピープル・ツリーのアルパカ製品をいくつか持っていますが、
ふんわりとして、体も心も温まるものばかりです。

寒い季節にぴったりなので、次回は 色付きアルパカ応援フェア と題して、
ピープル・ツリーのアルパカ製品のことをもう少し書きたいと思います。

ピープル・ツリーのアルパカ製品はこちら↓
ピープル・ツリー /楽天市場

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

2009/11/25(水) | フェアトレード | トラックバック(0) | コメント(20)

«  |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。