スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

富良野1 拾ってきた家

北海道富良野市は、TVドラマ「北の国から」の舞台としても有名な町で、
ここでは、ゆかりの土地や建物を見て回ることができます。

私は「北の国から」を見たことがないのですが、
観光バスの行程の一つだったので、見学することになりました。

最初に見たのは、「拾ってきた家」です。
これは、駅の廃材など、使われなくなったものを拾ってきて作った家なのだそうです。


hirotte1 - e



窓は汽車、土台は金庫を利用して作られていることがわかるでしょうか?
このような家が同じ敷地内にいくつかあって、中を見学することもできます。

こちらは、空き瓶を使って作られた、採光用の窓です。


hirotte2 - e


空き瓶をこんな風に再利用するなんて、目からウロコです。

家を建てるというと、新しい木材や建具を使うものと思っていましたが、
その価値観が変わりました。

建物の中には「北の国から」の脚本家、倉本聰さんからのメッセージも置いてあり
大量消費・大量廃棄の時代に対する危機を訴えていらっしゃいます。

ちなみに、ふらの観光協会 「北の国から」 によると
この家は 「北の国から 2002遺言 前編」「北の国から 2002遺言 後編」
登場しているそうです。どんな風に組み立てたのか、すごく気になりますね。

   
画像提供 楽天レンタル

次回も、 「北の国から」ゆかりのエコなもの についての記事です。
関連記事

2009/10/02(金) | 富良野・美瑛 | トラックバック(0) | コメント(18)

«  |  HOME  |  »

ぽてとまと

『霰 さんへ』

はじめまして。
こちらこそご訪問ありがとうございます。

拾ってきた家、驚きますよね。
こんな家の建て方もあるんだなと新鮮でした^^

2009/10/05(月) 17:04:35 | URL | [ 編集]

『No title』

はじめまして。訪問ありがとう。
拾ってきた家、
びっくりです。
デザインも斬新で・・・

2009/10/05(月) 14:45:16 | URL | [ 編集]

ぽてとまと

『Ikkoさんへ』

こんにちは。こちらこそご訪問&コメントありがとうございます。

私はドラマを見てなかったので、
誰の家、などと書かれていても全然わからず、残念な気持ちでした^^;

ドラマの中でも、印象に残る家なんですね。
今度、ちゃんと見てみたいと思います。

ブログを褒めていただいて、恐縮&とてもうれしいです☆
またぜひぜひ、遊びにいらしてください♪

2009/10/04(日) 19:34:56 | URL | [ 編集]

ぽてとまと

『futaba*yotsuba さんへ』

こんにちは。コメントありがとうございます^^

「北の国から」は「大草原の小さな家」からヒントを得た、
とも言われてるみたいですよね。
私は今回、麓郷の森に初めて行ったのですが、
観光バスでなければ行かなかったと思うので、乗ってみてよかったなと思います。

倉本聰さんの「富良野自然塾」の存在は知っていましたが、
「地球の道」のことは初めて聞きました。
地球の歴史を460mの距離に置き換えるなんて、
倉本さんならではの個性的な発想ですね。
どんな感じかすごく興味あります☆
&拍手ありがとうございます。とてもうれしいです♪

2009/10/04(日) 19:29:28 | URL | [ 編集]

ぽてとまと

『ファミファミ日記★デンデンママ さんへ』

こんにちは。コメントありがとうございます。

リサイクルしたもので作っても、
ちゃんと家になるのが驚きですよね^^
耐震性とか断熱などの点では、
大丈夫かな?と思うところはありますが、
デザインも個性的で面白いなと思いました♪

2009/10/04(日) 19:22:01 | URL | [ 編集]

Ikko

『はじめまして』

ご訪問ありがとうございました。
これは、記憶にありますねー。
ゴローとじゅんが建てていた家ですねー。

私が、行った時はこのお話の前だったので。
そばで見たことはないですが、とっても
よく覚えています。(ドラマ中の)

また遊びに来ます。
ナチュラルで素敵なブログですねー。

2009/10/04(日) 18:24:36 | URL | [ 編集]

futaba*yotsuba

『よく造ったなぁ。』

北の国からは、『日本版 大草原の小さな家』っていう感じですかね☆
わたしは、純くんや蛍ちゃんと一緒に育ったようなものです(笑)。
富良野には何度か行っていますが、石の家や拾ってきた家には行ってませんでした。麓郷の森までは行ったのですけど。

倉本聰さんといえば、
『富良野自然塾』という環境教育プログラムも行ってらっしゃいますよね。
中でも、『地球の道』は、地球の歴史46億年の時を、460mの距離に置き換えつくった道で、インストラクターが解説を聞きながら歩き、現在にいたる地球の壮大なドラマを体感することができるそうです。他にも、地球と自分の身体との繋がりを体感できるプログラムが色々あるそうですね。ぽてとまとさんは行ったことありますか?私はTVでは何度か見ましたが、いつか行ってみたいなって思います。倉本さんのアイディア満載の場所☆
そして、ぽてとまとさんの記事に拍手☆☆☆

2009/10/04(日) 13:29:59 | URL | [ 編集]

ファミファミ日記★デンデンママ

『No title』

なかなか素敵なお家ですね~
空き瓶はちょっと割れやすいから、
悪天候の時は心配するけど、
その他材質は問題なさそうだし、
デザイン的にも味がありますね(^◇^)

2009/10/04(日) 12:23:20 | URL | [ 編集]

ぽてとまと

『tatsumy さんへ』

こんにちは。コメントありがとうございます。

本当に、この拾ってきた家と、倉本さんのメッセージには、
とても深く心に残るものでした。
このまま世の中が大量廃棄へと進むのは危険ですよね。
でも、ブログを通じて、tatsumyさんのように、
地球のことを考えてらっしゃる方々と出会えたおかげで、
未来にはきっと方向転換できると思っています☆

こちらこそ、いつも考えるチャンスをいただいて、感謝しています♪
&応援ありがとうございます。うれしいです^^

2009/10/04(日) 03:59:48 | URL | [ 編集]

ぽてとまと

『さえぼ さんへ』

はじめまして。コメントありがとうございます♪

さえぼさんにそのように言っていただけて、光栄&感激です!
立派なことを書いているわけではないので恐縮ですが、
何か共感していただけることがあったら、すごくうれしいです☆

さえぼさんも、拾ってきた家に行かれたのですね!!
ほんとに、廃材や古い物を工夫して、上手に家を建てていますよね。
とても考えさせられる家でした。

こちらこそ、これからもぜひぜひ遊びにいらしてくださいね^^
そして、応援ありがとうございます。励みになります!!

2009/10/04(日) 03:42:46 | URL | [ 編集]

tatsumy

『No title』

今、こんな風になっているんですね
大量生産、大量消費、大量廃棄・・・
確実に、飽和への道ですね
もっと言えば、破壊への道・・・
まずは、止まってみて考えることかなと思います。
いきなりの方向転換はできないんですねえ
もう、いきなりでもないのかしら?
ぽてとまとさんのページでは、
いつも考えるチャンスがもらえて、うれしいですね!
ありがとうございます!
poti!**

2009/10/04(日) 01:17:23 | URL | [ 編集]

さえぼ

『No title』

ぽてとまとさん♪
はじめまして!さえぼと申します。
ぽてとまとさんのブログ、いつもとっても楽しみにしていますv-10。深いメッセージがいつもたくさんつまっていて、とても勉強になります。ぽてとまとさんのおかげでさえぼの意識も少しずつ変わってきた気がします。そして、この北の国からの拾ってきた家!!!さえぼも行きました!!!!本当にエコそのもの。しかも機能的で、すごい印象に残っています。ぽてとまとさん、これからも遊びに来させてください。応援していますーーー!ポッチン!

2009/10/03(土) 22:13:58 | URL | [ 編集]

ぽてとまと

『miekril さんへ』

こんにちは。コメントありがとうございます。

私もこの「拾ってきた家」を見て、
miekril さんと同じ考えを持つようになりました。
新築の家を建てるよりも、今ある家を利用した方が、
お金もかからないし、ずっとエコですよね。

「北の国から」、私も最初からちゃんと見てみたいなと思っています。

2009/10/03(土) 18:23:11 | URL | [ 編集]

ぽてとまと

『エコmisa さんへ』

こんにちは。コメントありがとうございます☆

ほんとにリサイクルされた物で建てられたとは思えないくらい、
ちゃんと作られていたのが印象的でした^^
窓以外にもいろいろ工夫があって、興味深かったです。

&いつも応援ありがとうございます。励みになります♪


2009/10/03(土) 18:11:31 | URL | [ 編集]

miekril

『こんばんは。』

最近、家を新築する…ということに違和感を感じ始めています。
古い家を少し手直して、しかも手直しも廃材だったりが使えたらいいなぁ~って。
「北の国から」は、熱中しては見ませんでしたが、なんとなくいくつかは見ています。
今、思えば、時代を先取りしてた部分があるんだなぁ~と感心しています。
DVD見てみようかな、と思ってます。

2009/10/02(金) 22:15:26 | URL | [ 編集]

エコmisa

『No title』

ぽてとまとさん、こんばんゎーi-178
廃材などから作られたお家なんですかー?!
とてもそんな風には見えないくらい
かわいいお家ですよねーi-185
窓の工夫もとってもおもしろくて素敵ですe-420
続きも楽しみにしていまぁーすi-236
応援全ポチ。

2009/10/02(金) 21:15:18 | URL | [ 編集]

ぽてとまと

『rabbitpoleさんへ』

こんにちは。コメントありがとうございます☆

この窓は、空き瓶とは一瞬わからなかったくらい家にマッチしていました^^
リサイクルでこんな風にできるなんて、すごいですよね。

rabbitpole さんは北海道ご出身だったのですね!
今度ご帰郷の際は、ぜひ富良野に寄ってみてください♪

写真は夫が撮りました。
晴れていたので、写真日和で楽しかったです。

2009/10/02(金) 19:51:31 | URL | [ 編集]

rabbitpole

『No title』

すてきな窓ですね~! 
こんなふうにオリジナリティのある家に住んでみたいです。
北海道出身でありながら
富良野って一度も行ったことがなかったのですが、
今度帰郷したときにはぜひここを訪れてみたいと思いました★
写真もきれい!

2009/10/02(金) 17:44:08 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ecobiyori.blog58.fc2.com/tb.php/74-3b272627
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。