スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジャック・バウアーと核爆弾

アメリカのテレビドラマ「24」は日本でも大人気になりましたよね。

この「24」のシーズン6は、
アラブ人過激派が小型核爆弾でテロを起こそうとするストーリーです。

*ここからはネタばれがあるのでご注意ください!


 
画像提供 楽天レンタル


主人公ジャック・バウアーの奮闘にも関わらす、
小型核ミサイルのいくつかはアメリカ国内で使用されてしまいます。

問題は、その時の小型核爆弾の爆発後のシーンです。

小型核ミサイルとはいえ、ジャックは爆心地に結構近いところにいたはずなのに、
ちょっと光って小さいキノコ雲が出ただけでした。
ガラスが皮膚に刺さったり、建物が壊れたりもしていません。

私が子供のころに読んだ はだしのゲン では、
もっと生々しい被害シーンがたくさんでてきました。

あまりに絵が悲惨で怖いので、結局1冊読み切ることすらできませんでしたが、
原爆の残酷さは今でも鮮明に覚えています。

それでも、作者の中沢啓治さんは、ご自身が原爆投下で体験したことを
セーブして描いたそうですから、原爆とは本当に恐ろしいものです。

参照:「はだしのゲン」を図書館から取り戻せ!!-著者・中沢啓治インタビュー 

「24」は物語のテンポをよくするために
被害シーンはカットしているのかもしれませんが
視聴者が核爆弾の被害はこの程度だと思うのではないかと心配です。

私は、原爆を落としたアメリカが悪いとか、核保有の賛否とは別に
核爆弾の恐ろしさを誰もが知っている必要があると思うんです。

核に戦争の抑止力があるという意見もありますが、
そのためには、核爆弾の影響を、みんなが正しく理解していなければいけません。

最近、はだしのゲンの英語版が完成し、
オバマ大統領に送る計画があると聞きました。

これを機に、この漫画が国内外で脚光を浴びて、
多くの人に核の真実の姿が広まったらいいなと思います。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。
関連記事

2009/08/09(日) | 本・CD・DVD | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

ぽてとまと

『だいだいさんへ』

こんにちは。
こちらこそ、コメントとご訪問ありがとうございます。
また交流していただけたらうれしいです♪

「はだしのゲン」は大人になっても読むのは勇気が要りますよね。
みんなが平和を祈っていれば、戦争のない世界になると思います^^
私もずっと祈り続けたいです☆

2009/08/11(火) 20:49:54 | URL | [ 編集]

だいだい

『No title』

守ろう!自然環境、女性のからだ、未来のこどものだいだいです。
私のブログにコメントありがとうございました。
またいらしてくださいね。

私も「はだしのゲン」は最後まで読めないくちです。
いつの世も平和でありますようにと祈ることしか出きませんが祈りつづけていきたいと思っています。

2009/08/11(火) 20:17:47 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ecobiyori.blog58.fc2.com/tb.php/60-9d6e264e
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。