スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

伝統的七夕ライトダウン

今年、2013年のペルセウス流星群は、
日本国内でとてもよく観察できるみたいですね。

特に8月12日(月)の真夜中から13日(火)の明け方前には、
多くの流星群が出現するそうで、
8月13日(火)の午前3時が極大となります(*)。

12日~13日にかけては、寝ないで
ペルセウス流星群を観察する予定の方もいるのではないでしょうか。

このぺルセウス流星群の活動が活発になる8月13日は、
実はちょうど今年の伝統的七夕の日ともなっています。

現在の7月7日の七夕は太陽暦に基づいた七夕ですが、
本来日本では、太陰暦の7月7日が七夕でしたよね。

北海道で8月7日に七夕をお祝いする地域が多いのは、
8月7日の方が元の太陰暦の七夕の日に近いためとも言われています。

伝統的七夕とは、太陰暦での7月7日が
太陽暦では何月何日になるのかを算出した日付のことなんです。

つまり、昔から日本人がお祝いしていた本当の七夕に
相当する日を伝統的七夕と呼んでいるんですね。

2013年は8月13日が伝統的七夕の日に当たるそうです。

そして、この伝統的七夕の日に合わせ、
8月12日と13日の2夜にわたって星空を楽しもうという
「伝統的七夕ライトダウン2013」が行われます。





夏至のキャンドルナイトのように、
日本各地で不要な明かりを消し、星空を眺めるイベントです。

ペルセウス流星群のことを調べていて初めて知ったのですが、
とても素敵なイベントですよね!

昔の日本と同じくらい地上を暗くして、
昔の人が眺めたのと同じ日の七夕の夜空を見上げたら、
七夕の本当の美しさを理解できるかもしれません。

しかも今年はペルセウス流星群がたくさん観察できる時ですから、
よりきれいな流星群が見られるよう、みんなで協力してみませんか?

ペルセウス流星群を楽しみにしていましたが、
伝統的七夕ライトダウンを知って、
ますます楽しみになってきました。

この二日間に現れるたくさんの流れ星を
日本中で一つでも多く見ることができるようにしたいです。

そして、願い事をする全ての人の願いが
一つでも多く叶ったらいいなと思います。

伝統的七夕ライトダウン2013の詳細はこちら↓
8月12日(月)と13日(火)の2夜 星に願う2日間/伝統的七夕ライトダウン2013

*参照 : 国立天文台 ペルセウス流星群

関連記事

2013/08/11(日) | エコな行動 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ecobiyori.blog58.fc2.com/tb.php/177-58c5e79d
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。