スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

宮澤賢治の幸せ

「絶対原子力戦隊スイシンジャー」
「たね蒔きジャーナル」の存続 と その後の打ち切りの記事で
ご紹介させていただいた京都大学原子炉実験所助教の小出裕章さん。

昨年から小出先生の著書を何冊か読んでいたのですが、
「ぜんぶなくす 原発ゼロ世界へ」という本で
小出先生が宮澤賢治好きだということを知りました。


【送料無料】原発ゼロ世界へ [ 小出裕章 ]

【送料無料】原発ゼロ世界へ [ 小出裕章 ]
価格:1,600円(税込、送料別)




私も宮澤賢治が好きなので、嬉しく感じたのですが、
この本の最初と最後のページに、小出先生が好きだと言う
宮澤賢治の言葉が載っています。

それは、こんな言葉です。


世界がぜんたい

幸福にならないうちは

個人の幸福は

あり得ない

            宮澤賢治


この言葉を読んで、強く胸を打たれました。
私も同じように感じていたからです。

人間はみんな、誰かがどこかで辛く苦しい思いをしていれば、
その人が、身近な人ではなかったとしても、
辛く苦しい気持ちになるのではないでしょうか。

だとしたら、世界中が幸せになって初めて、
自分も完全に幸せになれるのだと思います。

原発稼働時や事故発生時の放射能の危険性についてはもちろんですが、
小出先生は、発電以前に、ウラン採掘の問題点についても指摘しています。

原発の燃料となるウランは、ウラン鉱山から堀り出されますが
鉱山で働く人たちは、ウランを掘り出す時に、被爆してしまいます。

実際にウラン鉱山労働者には肺がんの発生が多く
その原因がウランやラドンであることは、
1930年代には明らかになっていたそうです。

日本でも1950年代にウラン鉱山の採掘が行われましたが、
ウランが掘り出された後の放射能まみれの残土によって
その土地に住む人たちは、長年、被爆の被害に晒されてしまいました。

このように原子力発電は、最初から誰かの被爆を前提として成り立っているのです。

こんな電力供給のあり方を、認めてもよいのでしょうか。


小出裕章さん著書の「ぜんぶなくす 原発ゼロ世界へ」は、
他の難しげな固い印象の原発本とは違って、
表紙や挿絵、本全体の雰囲気が柔らかく、読みやすい本です。

ぜひ、たくさんの人に読んでいただいて、
宮澤賢治と小出先生が目指す幸せを、みんなで作っていけたらなと思います。
関連記事

2013/01/03(木) | 本・CD・DVD | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

ぽてとまと

『南部柔心さんへ』

あけましておめでとうございます。
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたします^^
また遊びに伺います☆

2013/01/03(木) 15:16:33 | URL | [ 編集]

南部柔心

『No title』

明けましておめでとう御座居ます
本年もよろしくお願い致します
コメントありがとう御座居ました

2013/01/03(木) 15:10:43 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ecobiyori.blog58.fc2.com/tb.php/172-b2b1a275
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。