スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「あさこはうす」にお手紙を

北海道から目と鼻の先にある、青森県下北半島の大間原発。

この大間原発の敷地のちょうど真ん中に建っているのが、
原発建設に反対し続けた、熊谷あさ子さんのログハウス「あさこはうす」です。

あさ子さんは、周りの住民が土地を売っていく中で、
大間の海と自然を守りたいという気持ちから、
亡くなるまで、どんなに大金を積まれても、土地を売りませんでした。

今は、娘さんの小笠原厚子さんが、お母様の遺志を継いで、
「あさこはうす」守り続けています。

この「あさこはうす」宛てに、手紙を送りましょうという呼びかけがあるそうです。

現在、大間原発の建設会社、電源開発J-POWERは、
「あさこはうす」に通じる道を閉鎖しようと、交通量を調べているのだとか。

そこで、「あさこはうす」に手紙やハガキを送り、
郵便屋さんに毎日通ってもらうことで、
この道が車がよく通る公道であることを証明しようと言うのです。

私も週に1枚ずつ出そうと、先週1枚送り、今月分のハガキも用意しました。


postcard.jpg


六花亭の絵で有名な画家、坂本直行氏の絵葉書です。

今はちょうど、書き損じた年賀状が余っている時期ですから、
郵便局で切手や普通ハガキに交換して送ってもいいですよね。

この手紙を送る運動は、相互リンクしていただいているだいだいさんのブログ
「守ろう!自然環境、女性のからだ、未来の子ども。」から知りました。

一人一人にできることは限られているかもしれないけれど、
みんなで手紙を送って、細く長く「あさこはうす」を応援できたらなと思います。

*宛先はこちら↓

〒039-4601
青森県下北郡大間町字小奥戸396
「あさこ はうす」

参照1:大間原発の敷地内に建つ「あさこはうす」
     お金では買えない「宝の海」を次世代に/エコ&ピース月刊誌Actio

参照2:「あさこはうす」宛てに激励のはがきを出してください。
    /脱原発の日のブログ
関連記事

2012/01/23(月) | 放射能 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

ぽてとまと

『calさんへ』

お久しぶりです。こちらこそコメントありがとうございます☆

そして、ご出産おめでとうございます!
ご自宅での出産ということで、
calさんらしい、素敵な出産だなと思っていました。

毎年、年賀状って必ず少し余りまるので
こんな形で役立てることができたら、
年賀状も本望なのではないかと思います^^

本当に、事故があったのにも関わらず、
国や電力会社がまだ原発を動かすつもりでいるのを見ると、
やりきれない気持ちになりますね。

calさんは職業柄、そして土地柄、より強く
そうした気持ちを抱えていらっしゃると思います。

calさんのおっしゃるように、ブログを通して一人一人の力が
大きな輪になっていったら嬉しいです。

2012/02/11(土) 14:11:43 | URL | [ 編集]

cal

『No title』

お久しぶりです。ブログ訪問ありがとうございます。おかげさまで、無事に長女を出産することができました。

「あさこはうす」、わたしも手紙を送ってみたいと思います。年賀状余っているし。
ぽてとまとさんの言うとおり、一人ひとりにできることは限られているけど、一人ひとりの行動が大切。その行動一つ一つが集まると、とても大きなムーブメントになると思います。

原発事故後、休止中の原発を再稼動するか論議しているニュースをきくと、今回の福島原発の事故でどれだけの人が経済的にも精神的にも肉体的にも追いやられているのか分かっていないのかなと、怒りというより悲しかったり悔しい気持ちになります。

2012/02/11(土) 06:41:31 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ecobiyori.blog58.fc2.com/tb.php/161-b8cd6357
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。