スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

原発事故について考える

東北地方太平洋沖地震、本当にショックです。

特に東北地方の被害と津波の映像には言葉を失いました。

被災地の方々の無事と、今後の生活の早い復旧を心から祈っています。

余震も続いているようで、心配ですが
さらにもう一つ、被災地の方に追い打ちをかけるような事故が起こっていて
深い悲しみとやりきれなさを感じています。

福島第一原発の、1・2・3号機の爆発に続く、4号機の火災です。

皆さんニュースで既にご存知と思いますが
事態は徐々に悪化しているように見えます。

ちょうど、何の偶然か、今回の地震の1週間前に
チェルノブイリ原発事故についての漫画を読んでいました。



被爆した影響で、多くの子供たちが病気になってしまうのですが
そんな中で、ある医者がこう言うのです。

医者A 「特に甲状腺をひどくやられてるね(省略)

     爆発直後にヨード剤と言う薬品を飲めば助かったんだが
     それも知らされてなかったらしいな・・・」

医者B 「そりゃそうと君のお子さんは・・・」

医者A 「急いでヨード剤を飲ませたからね
     うちで元気に遊びまわってるよ ハハハ」

正しい知識があるのとないのとでは、
こんなにも運命を分けることになるんですね。

そいうことを、何故、被災者に真っ先に教えないのかと怒りすら感じますが、
当時の独裁ソ連政府は、避難命令等の対応も遅く、
事故を隠蔽しようとさえしたそうです。

チェルノブイリの件は、極端な例かと思いますが、
東京電力も、事故について説明不足ですし、
日本政府も、後手に回っているように思えてなりません。

政府や自治体が、いつも頼りになるわけではないんですよね。

今は、一人一人が、放射能の知識を深めておくことが
大切なのではないでしょうか。

● 放射能から身を守るために
● チェルノブイリへのかけはし (2011年3月11日以降の記事)

パニックになって買占めに走ったりするのではなく、
冷静さを失わず、情報を見極めながら、思いやりを持って、
自衛できるように備えたいですね。

被災地の方々に、これ以上の被害が及ばないよう、
原発の安全がはっきりと確認されることを切に願います。

そして、危険を承知で原発の対応に当たっている現場の皆さま、
どうかご無事で、戻ってこられますように。
関連記事

2011/03/15(火) | 放射能 | トラックバック(1) | コメント(10)

«  |  HOME  |  »

ぽてとまと

『tatsumy さんへ』

こんにちは。コメントありがとうございます。

ほんとに地震と津波の上に、原発事故。
信じられませんね。

私も情報について、tatsumyさんと全く同じ考えです。
今の時代はいろんな情報が耳に入ってきて
何が正しいのか間違っているのか、わからない時もあるけれど
どんな情報にも常にオープンでいながら、疑問を持ち続ける、
そういう姿勢を忘れないようにしたいなと思います。

結局、いろんな意見や考え方がありますから
自分が正しいと思うことをやっていくしかないんですよね。

起こってしまったことは取り戻せませんが
未来に向かって前向きに、
一人一人が自分に出来ることを行動していけば
きっと大きな力になると信じています。

2011/03/25(金) 02:12:47 | URL | [ 編集]

tatsumy

『No title』

お久しぶりです・・・
今回のことは本当に、心が痛みます。
津波ももちろんですが、原発も信じられませんね・・

この情報混乱の中、正しい情報を認識していくのは
とても難しいですね・・・
でも情報のシャットアウトも恐いものですから、
多くの情報をよく聞いて、その都度自分で認識していくしかないと思うんです。
信頼の情報筋をつかみたいですね・・・
自己責任も大事かなって思います。
お野菜や水のことも・・・買い占めも・・・

必ず良い方向に持って行けると信じて
出来る事をやっていきたいですね・・・
全員が「私がやる」って思えたら、すごいパワーですね!

2011/03/24(木) 09:28:26 | URL | [ 編集]

ぽてとまと

『SIYブログ「生活・インテリア館」 さんへ』

こんにちは。コメントありがとうございます。

ほんとに偶然にも、福島原発事故の1週間前に
初めて読んだ本だったので、何かの縁を感じてしまいます。

原発が普通の暮らしをどれほど変えてしまったかの他に、
自然の大切さなども教えてくれる漫画でした。

2011/03/21(月) 10:45:21 | URL | [ 編集]

SIYブログ「生活・インテリア館」

『No title』

なかなかタメになりそうな本ですね!
今度、ゆっくり調べたいと思います!

2011/03/19(土) 19:42:38 | URL | [ 編集]

ぽてとまと

『ゆかり さんへ』

こんにちは。コメントありがとうございます。

出回っている様々な情報に振り回されてはいけませんよね。

ヨード剤を飲むように、と伝えたかったのではなくて、
正しい知識があると、万一の時に役立つということを伝えたくて
一つの例として、漫画の印象的だったシーンを書いてみたのですが
また、ちょっと誤解を与える文章になっていましたか^^;

たぶんこの記事を書いたら、賛否両論かなと思いましたが
周囲を尻目に自分だけこっそり知識を蓄えよう、
ということができませんでした。

本当に直前になって、放射能について調べても
変な情報に惑わされてしまいがちですが、
今なら、まだ冷静さを保ちながら、正しい知識を身につけることも
できるんじゃないかと思います。

個々が自分勝手に動いてもいけませんが
一人一人が国任せでなく、事前に正しい放射能対策を知っていれば、
被害も最小限にできるのではないでしょうか。

私も今まで、原子力に疑いを持っていましたが
原発をなくすために特別な行動はしてきませんでした。

そのことが、今はすごく悔やまれます。

事故がひと段落したら、自然エネルギーに転換していけるよう、
お互いに何か行動できたらいいですね。

2011/03/18(金) 09:58:43 | URL | [ 編集]

ぽてとまと

『tombo さんへ』

こんにちは。コメントありがとうございます。

海外政府と日本政府の発表が違っていたりして
何が本当なのかわからなくなってきますよね。

現場の方がどんな想いで働いているかと思うと胸が苦しいです。

こんな時こそ冷静さを失わずに、
自分で出来ることはしておきたいなと思います。

tomboさんがそんなに大変な目に遭われていたとは知らず、
私の方こそご無沙汰してしまい、申し訳ありません。

今はだいぶ良くなられたのでしょうか?

ブログはいつでもできますから、
どうかお体をお大事になさってくださいね。

2011/03/18(金) 09:17:11 | URL | [ 編集]

ゆかり

『今は国を信じましょう。』

ぽてとまとさん こんにちは。

ヨード剤の内服については、専門医の診察によって必要とされた人のみが処方されるものです。
今回、「ポピドンヨード(商品名:イソジン、など)」を飲むといい、とかいう根拠のない情報が出回ったのも、非常に危険なことですよね。

今は国家的大惨事です。

国の指示を信じ、国民みんなが正しく理解し、従うことが必要だと思います。

わたしも、原子力発電には賛成していませんが、原子力に頼らなければならなかった今までの日本。
今後は、小さな節電を継続し、別の発電方法をも検討することも必要になるでしょうね。。。

2011/03/18(金) 08:00:16 | URL | [ 編集]

tombo

『No title』

御無沙汰しています。本当にごめんなさい。「エコびより」なんどか見させてもらいましたョ。チェルノブイリの本があるのですね。
いずこも同じというわけか、東電はいつまでたっても本当のことを言わないみたいですね。行政はこの際、東電の下請け、孫請け,孫孫請けの直接原子力施設で働いている作業員の皆さんからも話を聞くべきですね。
昨年はスキー場の事故?で生死の巷をさ迷い???せっかく始めたブログもとん挫してしまいました。早めに再開しょうと思っていたのですが、どうも発信するものがなく想像力も乏しいときては、もうFC2のアカウントを削除するしかありません。

2011/03/18(金) 07:20:19 | URL | [ 編集]

ぽてとまと

『癌ダム4G さんへ』

こんにちは。コメントありがとうございます。

私も事故自体は、チェルノブイリとは全く違うと思っています。
誤解を与える文章だったら、すみません^^;

私が注目したいのは、政府の対応です。
どんな国でも政府は、パニックを起こさないためにも控えめに報道したり、
対応が遅れがちになる可能性が高いと思うんです。

今回の事故のニュースを一人一人が真摯に受け止めて
万が一に備える必要があるんじゃないかなと感じています。

私も煽るようなことを書きたくないので、すごく迷って、
事故後5日も経ってしまいました。

ただ、周囲ではあまり気にしていない人も多く
事故もなかなか収まる気配がないので、
これ以上被害を大きくしたくない気持ちが勝りました。

読む人によって、感じ方も違うので、
うまく書けるか心配でしたが、やぱりちょっとだめでしたね^^;
もう一度見直してみます。

皆さんには事故に対して冷静に、でも慎重に、
考えていただけたら嬉しいなと思います。

2011/03/16(水) 10:00:06 | URL | [ 編集]

癌ダム4G

『No title』

こんにちは。

僕も原発には批判的な立場ですが
原発のタイプが違うので、今回の事故は
チェルノブイリのようにはならず
どちらかといえばスリーマイル島の事故に近いように思われます。
爆発はたぶんしません。

想いはともかく、事態はまだ進行中ですから
不安を煽ることに通じる記述は僕も慎むようにしています。
お互い、いまはその点には注意して
事態が一段落してから、徹底的にやりましょう。

2011/03/16(水) 06:39:22 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ecobiyori.blog58.fc2.com/tb.php/150-d151effa

まとめtyaiました【原発事故について考える】

東北地方太平洋沖地震、本当にショックです。特に東北地方の被害と津波の映像には言葉を失いました。被災地の方々の無事と、今後の生活の早い復旧を心から祈っています。余

2012/05/04(金) 08:35:32 | まとめwoネタ速neo

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。