スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

函館8 かわいい龍馬

美しい函館の夜を満喫した翌朝は、
2009年11月にオープンした函館の「北海道坂本龍馬記念館」へ行きました。

なぜ北海道に坂本龍馬? と思うかもしれませんが、
龍馬は生前、蝦夷地開拓に並々ならぬ意欲を燃やしていたそうです。

小さい建物でしたが、龍馬と北海道の関係がよくわかる資料が
展示されていて、とても興味深かったです。

展示室の外には、龍馬伝のポスターや龍馬グッズも飾られていましたが、
特に私の目を引いたのがこちら。


ryoma1.jpg


北海道限定、龍馬とお龍のキューピーキーホルダーです。
このかわいらしい龍馬とお龍は、なんと手作り。

このキューピーを初め、こちらのお土産品の多くは、ハンドメイドだそうです。

龍馬好きの夫がこのキューピーを気に入って、セットで購入しました。

長崎にもかわいい龍馬キューピーがいるようですが、髪がきちんとしていて、
北海道のくしゃくしゃ頭とはちょっと違うみたいです↓


    
画像提供 : 博多桃太郎 (楽天市場)


記念館には、珍しい「龍馬おみくじ」というのもありました。
男女別に引くのですが、夫は岩崎弥太郎、私はお元ということです。

お元は、龍馬がひいきにしていた芸者さんのようで、
「女磨きに力を注ぎましょう」とのこと。う~ん、痛いところを突かれました。

残念ながら、龍馬本人が北海道に来ることは叶いませんでしたが、
龍馬の意志を継いだ坂本家の子孫が、北海道に移住していたそうです。

そして、北海道のお菓子ブランド「六花亭」の絵でも知られる
山岳画家の坂本直行が、龍馬の兄の子孫だったことを知りました。

*坂本直行の絵ハガキ↓
「あさこはうすにお手紙を」 /エコびより

シンプルな色遣いと素朴なタッチで、
山に咲く花の飾らない美しさが、真っ直ぐ伝わってくるような絵ですよね。

龍馬も歌などが好きだったようなので、
坂本家の芸術の心が引き継がれているのかもしれません。

記念館は、電停「十字街」の目の前で、他の観光地とも近いので
幕末史好きの方は立ち寄ってみると楽しいと思います。

詳細はこちら↓
北海道坂本龍馬記念館

次回は函館のレトロなお店です。
関連記事

2010/06/23(水) | 函館 | トラックバック(0) | コメント(8)

«  |  HOME  |  »

ぽてとまと

『tatsumy さんへ』

こんにちは。コメントありがとうございます☆

tatsumyさんに笑っていただけて嬉しいです~^^
キューピーは本当に何にでも変身していますよね。
龍馬の髪がくしゃくしゃなのはいいとしても、
お龍までくしゃくしゃなので、売りなんだと思います(笑)
着物も柄がかわいらしくて、いいですよね。

tatsumyさんも六花亭好きだったのですね♪
六花亭も龍馬つながりとはしらなかったので、驚きました。
本当に歴史は不思議だなとしみじみ感じますね。

2010/06/25(金) 21:19:59 | URL | [ 編集]

ぽてとまと

『kumi♪ さんへ』

こんにちは。コメントありがとうございます☆

函館は私もお気に入りの場所です♪

本当にご当地キューピーはたくさんいますよね~。
同じ龍馬キューピーでさえ地域によって違うなんて
キューピーの底力を感じます^^
お龍の着物は緑の他にオレンジ色もありました。
髪型も手作りっぽいのがかわいいですよね☆

2010/06/25(金) 21:13:12 | URL | [ 編集]

tatsumy

『No title』

こんばんは!
思わず笑ってしまいました!
キューピー龍馬さんとは!!
髪の毛くちゃくちゃは売りですか?(笑)
着物が2人ともかわいいですねえ~
六花亭は、よくお取り寄せしましたよ~
素敵なストーリーですね~
歴史は不思議!!伝える方達のエネルギーもすごいですね!

2010/06/25(金) 19:56:33 | URL | [ 編集]

kumi♪

『No title』

函館すてきな所ですね。

キューピーちゃんも全国に色んな子が
いるみたいですね。
髪の毛がかわいいですね。
着物も似合ってますよね!

2010/06/25(金) 10:01:45 | URL | [ 編集]

ぽてとまと

『mu.choro狸 さんへ』

こんにちは。コメントありがとうございます☆

私も札幌に龍馬の子孫の御墓があることなどは知っていたのですが
六花亭の絵との関係にはとても驚きました^^
キューピーには大量生産のイメージがありましたけど、
こんな風に手作りされているなんて、嬉しいですね♪

2010/06/24(木) 19:02:07 | URL | [ 編集]

ぽてとまと

『miekril さんへ』

こんにちは。コメントありがとうございます☆

同じ龍馬キューピーでも地域によって違うところが
手作りらしくていいなと思います^^

龍馬はもともと人気のある魅力的な人なので、
ファンはますます増えそうですよね。

私はドラマは見ていないんですけど(でも福山さん好きです)、
やっぱり多くの日本人が藩の利益を考えていたときに、
日本全体と世界を見て、戦争を回避しようとしていたところが
素晴らしいなと思います。

今では言い伝えられてる龍馬像しかわからないですけど、
子供達には龍馬が戦いではなく話し合いやビジネスで
世の中を変えようとしていたことを知ってほしいですね♪

坂本直行の絵は私も大好きなので、
本当に驚きました~。
ぜひぜひお話の小ネタとしてお使いください☆

2010/06/24(木) 18:56:31 | URL | [ 編集]

mu.choro狸

『No title』

ある方のブログで初めて知りましたよ、北に龍馬のゆかりの地がある事を。
六花亭の見慣れた絵柄も子孫だったとは。
可愛いキューピーちゃんだね^^

2010/06/23(水) 19:19:59 | URL | [ 編集]

miekril

『No title』

こんにちは^^
龍馬の髪は、北海道のもののほうが、本物の龍馬に近い気がします(^_-)
テレビで取り上げられ人気が出ると、ちょっと残念な気はしますが
(いや、私、特に龍馬ファンではないのですが^_^;)、
子供達が歴史の1ページを知る…という意味ではいいのかな?と思います。
ただ、龍馬に興味津々の息子には、
テレビでは、よりかっこよく、よりドラマチックに演出されてる場合があるから、
本当の龍馬のことは、本とかで勉強してね!と言ってあります。

六花亭の絵、本当に素敵ですよね。
龍馬つながりとは…。知りませんでした。
子供達に話してあげようと思います。
得意気に^m^

2010/06/23(水) 11:12:49 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://ecobiyori.blog58.fc2.com/tb.php/124-00e20237
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。