スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

もったいないスープマグ

我が家の夫はお寝坊さんで、朝ごはんを食べないこともしばしばです。

せめて、時間をかけずにお腹に入れられるよう、
少し冷ましたスープやココアなどを用意しているのですが、
それでも、半分しか飲まずに出かけていきます。

残ったスープやココアは、毎回ラップをかけて、冷蔵庫へ。

でも、毎日これだけのためにラップを使うのは、
ゴミも増えるし、もったいないです。

そこで、ちょうど去年の今頃、蓋付きのカップを購入しました。

MOTTAINAI(モッタイナイ)ノンラップス―プマグです。


mag4.jpg


カップの側面には、MOTTAINAI のコンセプトである
3R+Respect について説明が書かれていますが、
このスープマグは、コンセプトの3Rを体現したリサイクルカップで、

●壊れた食器を粉砕して再び陶器の原料にするという、
 再生陶土を20%使用して作られている。

●従来の磁器製品より軽い、軽量陶土も使用。
 丈夫なのにとても軽いため、運搬時のCO2の削減にも貢献。

という素晴らしい特徴を持っています。


mag2.jpg


カップ内の底には、涙の顔。

MOTTAINAI で一番知られているデザインですが、
飲み終わった時に明るい気持ちになれる絵の方がいいんじゃないかな
とひそかに思ったりしています^^;


mag3.jpg


MOTTAINAI は、ノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイさんが、
「MOTTAINAIを世界共通語に」と提唱したことから始まった
持続可能な世界を目指すキャンペーンとして、有名ですよね。

このスープマグも MOTTAINAI キャンペーンの一環として作られている
「エコ+かわいい+実用的」な日用品の一つです。

売り上げの一部は、マータイさんの植林活動に寄付されています。

参照 : MOTTAINAI 商品紹介 / 株式会社 アイトー

しかも、こんなに環境に優しいのに、ちゃんと
蓋付きのまま電子レンジに入れて、温めることができるんですよ。

具の入ったスープも入れやすい
広口の大きめサイズで、とても便利です。

二重にも三重にもエコなうえ、実用性やかわいらしさも備えた
MOTTAINAI(モッタイナイ)ノンラップス―プマグ。

これからも、寒い季節の朝に活躍してくれそうです。

お取り扱いはこちら↓
MOTTAINAI Shop

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。
スポンサーサイト

2010/12/09(木) | キッチン | トラックバック(1) | コメント(12)

まろやかに鮮度を保つ麦茶ポット

我が家は夏だけでなく、1年中麦茶をよく飲んでいます。

ペットボトルで買うとごみが出るし、お金もかかるので、
家で煮出しか水出しして作ることが多いです。

夫が大量に飲むので、いつもたくさん作っています。

それで、今とっても重宝しているのが、 エンバランス たてよこピッチャー です。



エンバランスは、水や野菜の鮮度を保つ、新素材のプラスチックです。

画像リンク先の「鮮度保持力の比較実験は⇒コチラ」では
ほうれん草の鮮度の実験結果が見られますが、
普通のプラスチックより、鮮度をキープしてくれる素材だということがわかります。

燃やしても有毒ガスが出ない樹脂でできているので、環境にも優しい素材です。

ホーローの容器も環境にいいのですが、重たいという欠点もあるので、
麦茶を入れる容器は軽くて環境にいいものが欲しいと思っていました。

このエンバランスのピッチャーは、軽くて環境にもいいので、
麦茶を入れる容器にぴったりです。

耐熱温度が高くて、熱いお茶でも入れることができるので便利です。

大容量の2.2リットル容器でたくさん入るところもうれしいです。
たてにもよこにも置けるので、置く場所にも困りません。

奥まで手を入れられるので、容器も洗いやすいです。

エンバランスの鮮度を保つ効果は半永久的に続くらしいので、
長く大切に使い続けたいと思います。

お取扱いはこちら↓
トータルヘルスデザイン(楽天市場)
他のエンバランス素材の保存容器や衣類も扱っています。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

2009/07/22(水) | キッチン | トラックバック(0) | コメント(0)

野田琺瑯の安心・便利なキッチン雑貨

琺瑯ひとすじ70年の老舗、野田琺瑯。

この野田琺瑯の容器は手作りされており、安心で便利です。

まず、琺瑯容器はプラスチックの容器と違い、
化学物質や金属イオン、環境ホルモンを出しません。

ニオイもつかず、冷凍庫から出してそのまま火にかける事も出来ます。

さらに、雑菌が繁殖しにくい、塩や酸に強い、熱効率が良いなどの特徴があります。

ツタンカーメンのマスクも琺瑯というくらい、長持ちする素材なんですよ。

特にシンプルなデザインの野田琺瑯ホワイトシリーズは使いやすくて人気があります。


        
  

ホワイトシリーズの容器には蓋が琺瑯のものと、プラスチックのものがありますが、
値段も手ごろなプラスチックの蓋の方を使っています。

私のお気に入りは、 レクタングル深型 S です。

プラスチックの環境ホルモンは、水に溶けやすいようなので、
水につけて保存するお豆腐を入れたり、煮物などの残りを入れています。
大きさがちょうどいいんです♪

色が乳白色でデザインもシンプルなので、キッチン周りがおしゃれに見えるし、
余った料理もおいしそうに見えるのもうれしいです。

そのうち スクエア L と レクタングル浅型 L も購入しようと思っています。

スクエア L は袋入りのお味噌を入れるために、
レンタグル浅型 L は料理の下ごしらえをするために使いたいです。

うちはIHヒーターなので、琺瑯容器を火にかけることはできませんが、
冷凍もできるので、ガスが使えたらカレーやシチューの保存にも便利そうです。

オーブンでも使えるので、今度は蓋が琺瑯のものを買おうかと思っています。
一生使える容器なので、大切にしたいです。

お取り扱いはこちら↓
COCOA インテリア雑貨(楽天市場)

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

2009/07/11(土) | キッチン | トラックバック(0) | コメント(8)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。