スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

WOOLRICHのダウンで温かく

前回、DUVETICA DENEBのダウンコートのことを書きましたが
このコートは女性用のコートでしたよね。

すると、今年の冬に北海道旅行をする予定の方から
男性用の温かいコートはありますか?とのご質問をいただきました。

そこで、今回は夫が着ている WOOLRICH の ARCTIC PARKA を
ご紹介したいと思います。

ウールリッチ の アークティックパーカ は、
-40℃にもなる厳寒地アラスカで働く作業員のために作られた
本格的なダウンコートです。


WOOLRICH1.jpg


温かさと機能性に優れ、生地もとても丈夫なので、
アウトドア製品としても人気があります。

前はファスナーで閉めてから、ボタンをかける2段構え。
体温を逃しません。


WOOLRICH3.jpg


袖はリブ付き。寒い風が入らないようになっています。
リブがあると、体感温度が違いますよね。


WOOLRICH2.jpg


ポケットはDVDがすっぽり収まるビッグサイズ。
カバンを持ち歩かない人にも使いやすいデザインです。


WOOLRICH4.jpg


左右の胸ポケットは、CDくらいの便利な大きさ。
ボタンはついていませんが、蓋が幅広く、しっかり閉じてくれます。


WOOLRICH5.jpg


ポケットの中はフリース素材で、手を入れると温かいんですよ。


WOOLRICH6.jpg


右の身頃には内ポケットもついています。
こちらもDVDが完全に入る大きさです。


WOOLRICH7.jpg


首の部分は外気が入らないように、マジックテープで留められます。
風の強い日にマフラーがなくても、大丈夫です。


WOOLRICH8.jpg  WOOLRICH10.jpg


夫は4~5年前にアークティックパーカを購入しましたが
2010年は38年ぶりにデザインがリニューアルされて、
ショート丈とロング丈が選べるようになりました。

リニューアル前の夫のコートは、ロング丈に近いと思います。

マイナス15度の街に住む今も、温かいとのことで
末長く、このコートにお世話になりそうです。

ロング丈のお取り扱いはこちら↓
【正規取扱】極寒の寒さでも耐えられる、最強のダウンジャケット

ショート丈のお取り扱いはこちら↓
【正規取扱】新リリースとなる大注目アイテムWOOLRICH

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。
スポンサーサイト

2010/11/10(水) | 冬のエコ | トラックバック(1) | コメント(8)

DUVETICAのダウンで温かく

昨年、以前より寒い場所に引っ越しました。
真冬にはマイナス15度まで気温が下がる地域です。

そのため、今まで使っていたダウンコートは、あまり役に立たなくなりました。

厚着して、使い捨てカイロを9個貼っても、体の芯まで冷えてしまうんです。

そこで、カイロのゴミを減らすためにも
もっと温かいダウンコートを買うことにしました。

でも、いくら温かくても、アウトドア用のモコモコした
実用一辺倒のもっさりコートは避けたいです。

そんなわけで、温かさと機能性、見た目の良さも兼ね備えたコートを探した結果、
DUVETICA の DENEB に辿り着きました。


deneb1.jpg


DUVEUTICAの一番人気は腰下丈のKAPPAのようですが
氷点下地域なら、膝丈のDENEBが一番です。

袖はもちろんリブ付き。寒い風も通しません。


deneb2.jpg


足さばきしやすいように、左右の裾にファスナーがついていて
調節できるようになっています。


deneb3.jpg


ウエスト部分は、紐で絞ることもできます。


deneb4.jpg


帽子部分はファスナーで取り外しが可能です。
帽子の顔周りも、紐で絞ることができるんですよ。


deneb5.jpg


ファーもスナップボタンで取り外すことができます。


deneb6.jpg


左胸の内ポケットまで、ボタンで取り外せるようになっています。


deneb7.jpg


DUVETICAのダウンコートはとても軽くて温かく、
すっきりとした細身のデザインで、ダウンにありがちな着膨れがありません。

ただ、その分ジャストサイズだと、ちょっときつめです。

私は中にたくさん重ね着しなければいけないので、
38サイズのところを、一つ大きい40サイズで購入しました。

本来のDUVETICAらしい細身のシルエットよりはモコモコしちゃいますが、
それでも結構きれいに見えるので、さすがです。

昨年の12月末にこのコートを買ったおかげで、
1月~2月の真冬でも、カイロは3個で過ごせました。

残念なことに、DUVETICAのコートは、偽物も出回っているらしいので
正規の取扱店で購入されることをおススメします。

私は、IDカードとFEN(DUVETICAの日本輸入販売総代理店)の証明カードが付く
UNITED ARROWSで購入しました。


deneb8.jpg  deneb9.jpg


替えのボタンとガイドブックも付きます。

裏地の色が鮮やかなものが多いDUVETICAですが
UNITED ARROWSでは、裏地もベーシックなカラーを販売しているんですよ。

昨年、私が選んだ上記画像のコートはモカのラクーンファーですが
毎年、生地やファーの色をちょっとずつ変えているようです。

IDカードと保証書があれば修理などのサービスも受けられるので
大事に使って長く、このコートとお付き合いできたらいいなと思います。

アローズのデュベティカのお取扱いはこちら↓
ユナイテッドアローズ ダウンジャケットUNITED ARROWS LTD. オンラインストア

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

2010/10/31(日) | 冬のエコ | トラックバック(2) | コメント(10)

グリーン・クリスマス・ライトアップ

毎年冬になると、各地でイルミネーションが飾られて、とてもきれいですね。

でも、この電力が自然エネルギーによるグリーン電力で賄われていたら
もっと素敵だとなと思いませんか?

今、全国的にグリーン電力でイルミネーションを点灯しようという動きがあって、
北海道札幌市の「さっぽろ ホワイトイルミネーション」も、
グリーンエネルギーの導入に取り組んでいます。

大通公園の3丁目会場の電飾は全て、
グリーン電力証書 の購入によるライトアップなのだそうです。

訪れた時に、その一帯の写真を撮影していなかったのですが
YouTubeでとてもきれいな動画を見つけたので、お借りしてみました↓





動画では、0:14~0:18のスズランの電飾や、
0:50~1:10のサンタと雪だるまの電飾が3丁目会場のイルミネーションになります。

ここには、太陽光システムで直接発電している「ソーラーツリー」もあるんですよ。

実はこの太陽光システムの設置は、ホワイトイルミネーションを
太陽電池で発電したいと考えた、一人の女性の願いから始まったものでした。

参照: 笑顔わくわくマガジン ひまわりの種の会

数年前、ソーラー発電による電飾はもっと小さかったと記憶していますが、
それが今では立派なツリーを飾るほどになっています。

年々、太陽光発電によるワット数も増えているようで、
大通公園のイルミネーション全てが、グリーン電力で点灯する日も来るでしょう。

COP15の政治家たちが利害を優先してエコに踏み出せない一方で、
一人の女性の強い想いが、着実に理想を実現しているんですね。

私も、せめて自分にできるエコなことをコツコツ続けたいなと思います。

*全国のグリーン・クリスマス・ライトアップ場所もこちらでご覧いただけます↓
 グリーン・クリスマス・ライトアップ 2009 全国参加イベント・施設

お住まいの近くに実施している場所があったら、
どの電飾がグリーン電力発電によるものか、見に行くのも楽しいかもしれません♪

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

2009/12/23(水) | 冬のエコ | トラックバック(0) | コメント(32)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。