スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

列車とバスの北海道旅行

2009年は北海道の富良野・美瑛、2010年は函館の旅行記を書きました。

この2回の旅を含め、旅行では自動車よりも列車とバスを使うことが多いです。

列車やバスならではのプランや楽しみがたくさんあって、
おまけにエコなので嬉しい気持ちにさせてくれるんです。

そこで今回は、列車とバスで行く北海道の観光情報をご紹介したいと思います。

***************************

1.JR北海道 おすすめ列車・観光バス

北海道各地で、列車や観光バスが季節ごとに臨時運行しています。
車内に季節の飾り付けが施されていたりと、旅の雰囲気を楽しめるんですよ。

例えば、富良野~美瑛間では景色を眺めるための列車や観光バスが、
函館では近郊の観光地、大沼へ向かうレトロな内装のSL列車が出ています。

こういう列車や観光バスは、ちょうど見ごろの時期に、
人気がある定番スポットに連れて行ってくれるので、ハズレがありません。
観光時期がわからない時、どこを見るべきか迷った時の参考にもなります。


2.北海道ローカル列車の旅、 列車で旅する北海道

          

前述のJR北海道の列車の旅について、写真付きでレポートしてくれる本です。

前者はエリアごと、後者は季節ごとに分かれていて、
いつ、どこで、どんな列車に乗るのがおすすめか、車内はどんな雰囲気か、
わかりやすく説明されています。

鉄道好きでなくても、列車で旅したくなっちゃう本です。


3.バスで旅する北海道

  

列車では行けない見どころに連れて行ってくれるのが観光バスです。
添乗員さんがガイドしてくれて、慣れない土地で迷う心配もありません。

この本では、静内町の桜や、道東の花畑など、
道内では有名でも全国的には知名度が低い場所の紹介もされているので
北海道をより深く楽しむことができます。

***************************

他にも列車やバスの旅には、おいしい駅弁が食べられたり、
観光地の割引券などがついてきたりと嬉しいことがいっぱいです。

次の旅行も、列車とバスで行けたらいいなと思います。

画像提供 : 楽天ブックス

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。
スポンサーサイト

2010/07/14(水) | エコな旅 | トラックバック(0) | コメント(4)

函館12 あじさいラーメン

北海道のラーメンと言えば、札幌の味噌、旭川の醤油、函館の塩です。

そして、この函館塩ラーメンの中でも特に名が知られているのが、
五稜郭タワー向かいにある「函館麺厨房あじさい」です。

透き通ったスープはコクがあるのにさっぱりとして、
塩ラーメン好きにはたまりません。いくらでも飲みたくなってしまいます。

元々は老舗の中華料理屋さんだったこともあり、
「函館麺厨房あじさい」は炒飯や餃子もとてもおいしいのが特徴。

しかもラーメンと炒飯の種類も豊富です。

ベーシックなラーメンと炒飯にはハーフサイズもあるので、
小食な方やお子様にもおススメなんですよ。

あじさいには函館に行くたびに必ず寄るのですが、
毎回、生ラーメンも自分のお土産用に購入しています。


ajisai1.jpg


常温で保存できるので、長旅でも持ち帰りやすくておススメです。
店舗に行けなくても、函館駅のお土産屋さんにも置いてあります。

でも調べたら、楽天市場でも買えたみたいです。知りませんでした。。


あじさいラーメン 塩味[北海道お土産]

あじさいラーメン 塩味[北海道お土産]
価格:1,155円(税込、送料別)



さすがにお店の味と全く同じ、というわけにはいきませんが、
スーパーで売っている麺やスープよりもずっとおいしいラーメンが作れます。

いつも買うのは塩ラーメンですが、普通にチャーシューとネギを入れてもおいしいし、
焼いた塩鮭のほぐし身や、ワカメ、炒め玉ねぎなどを載せてもよく合います。

先日は、あじさい塩ラーメンのスープの素にアサリの茹で汁を注いでみたのですが、
アサリのだしがよく効いて、海鮮風味の絶品スープができあがりました。

これはもう、近所のラーメン屋さんに行くより断然美味しくて、感激でした。

生ラーメンもとってもおいしい「函館麺厨房あじさい」ですが、
お店で食べる味は、2倍、3倍の美味しさです。

老若男女、全ての人が楽しめるお店なので、
函館に行く機会のある方は、ぜひ足を運んで、ラーメンを味わってみてください♪

お取り扱いはこちら↓
あじさいラーメン北海道お土産探検隊 (楽天市場)

以上、北海道函館の旅を13回にわたって書いてきましたが、
これで函館に関する記事はおしまいです。

あまりエコと関係のない部分もありましたが、
読み続けてくださって、ありがとうございました。

2010/07/07(水) | 函館 | トラックバック(0) | コメント(4)

函館11 五稜郭タワーと桜

前回に引き続き、五稜郭公園の桜と五稜郭タワーについての記事です。

公園の桜を一通り見た後は、五稜郭タワーに登りました。
5月の普通の日曜日だったので、あまり混んではいませんでした。

ここでお得情報を一つ。五稜郭タワーホームページから割引券を印刷して行くと、
展望料金が10%割引になります↓
参照 : 五稜郭タワー お得な割引券

チケットを買ったら、案内に従ってエレベーターで展望2階へと上がります。

こちらは展望2階から見た、五稜郭公園と函館の街並みです。


goryo19.jpg



五稜郭公園の全体図。やっぱり星型なんですね。


goryo20.jpg


反対側には、函館山と海が見えます。


goryo16.jpg


展望1階には、床にガラス窓がついている個所があって、下を覗きこめますが、
血の気が引いて、すぐにタワーから降りたくなりました^^;

高いところから眺めた後に、
間近に桜を見上げると、より美しく感じられます。


goryo13.jpg


桜の生き生きとした生命力が伝わってくるようでした。

水面にも桜が映ってきれいでしたが、水の下から眺めても美しいんでしょうね。


goryo11.jpg



満開まっただ中の時はもっと美しい景色が見られるのですが、
葉が出ていても見ごたえがあったので、よかったです。

しかも五稜郭公園の近くでは、私のお気に入りのおいしいラーメンが
食べられるので嬉しさ倍増でした。

そんなわけで次回はこの函館のラーメンについての記事です♪

2010/07/03(土) | 函館 | トラックバック(0) | コメント(4)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。